相場を知って有利に交渉

トラックのおもちゃ

相見積りで値下げも

業者に引越しを依頼したときかかる費用は、人件費が大きな部分を占めており、ほかにトラックの燃料費や梱包材の費用などが含まれます。またオプションでエアコンやアンテナの設置・取り外しを依頼すれば、それだけ費用が増加します。燃料費は引越しの距離で決まるため節約するのは困難ですが、荷物を減らして小さなトラックを使用すれば安くなります。また資材は自分で用意し梱包することで節約が可能です。人件費には決まった原価がないため、時期によってかなりの幅があります。一般に引越しの注文が多い時期には、費用が高めに設定されています。年間で言えば3月末?4月の年度始めや、8月・12月など長期休暇の時期です。また週で言えば土日や祝日、一日で言えば午前中に注文が多くなります。したがって繁忙期以外の平日の午後に引越しをすれば、費用を最も安くできることになります。仕事や学校のスケジュールが空いていれば、できるだけ有利な時期を選ぶとよいでしょう。原価がないということは、交渉次第で安くなる可能性があるということでもあります。とはいえ相場を知らずに値引き交渉をしても、上手く行かないので注意が必要です。引越し費用の相場を知るには、3?4社程度から相見積りを取ってみるのが良い方法です。現場見積りには時間と手間がかかりますが、荷物の量が分かればネットから大まかな見積りが取れるようになっています。複数社から一括して見積りを取ることも可能です。